うちの奇行種マネージャーが単月赤字なのか?黒字なのか?と微妙な曲面にあるときに社長に返した言葉が厳しすぎる

10月 26, 2018

うちの奇行種マネージャーはチームの売上を管理する重責を負っている。チームは数字を追い求める彼を尊敬もするし一丸となって取り組む。それがチームファクトリーの「チーム」の形である。

しかし、いいときばかりではない。思うように提案が通らず、案件獲得が落ち込むときもよくある。そんなときは他チームが支援することでなんとかなるのだが、対策はちゃんと上に相談しなくてはいけない。

社長が彼に聞く。いま彼のチームは、赤字かのか黒字なのか?とても微妙な局面だ。

彼は現状を報告しなくてはならない。運悪く赤字ならそのリカバリ策を、ぎりぎり黒字であるならば着地点を。しかし、彼が言ったのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「白です!」

 

 

 

 

いや、その色はないわ・・・

いやそもそも、その回答はないわー。