うちのヒップホップ系新人プログラマがダイエットの過酷さを伝えたかったが違う意味で確かに伝わった事件

12月 7, 2015

うちの新人、男性プログラマーはヒップホップ系で、なにかいつも話し方が「語り調」というかラップ調というか、とにかく熱い言葉になるヤツである。そんな彼は学生時代、ラグビー選手であり、県下ではかなりの強豪校にいたらしい。もちろん体つきは大きく、確かにラグビー選手を彷彿させる。

最近、体がなまってきて、鍛え上げた筋肉が贅肉に変わっていく自分に許せなくなった彼は、ダイエットに踏み切る!彼はストイックな人間なので、生半可なことはしない。食事成分も研究するし、薬も使う。そんなある日、辛くてしょうがないのだろう。彼は暗い顔を朝からしていた。気になった上長が声をかける。「どうした?体調が悪いのか?」

しかし、彼から発せられた言葉に、上長はただ事ではないこと「だけ」は悟ったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もう・・・ダイエットのし過ぎで、餓鬼になってます」

 

 

 

 

 

 

餓鬼(ガキ)?

飢餓といいたいのか・・・?つらいこと「だけ」はわかる。