うちの4年生女性プログラマがマッカーサー元帥にロックを感じていた事件

10月 7, 2015

ダグラス・マッカーサー元帥。戦後の日本の統治に存在したGHQの司令官である。歴史の教科書にはパイプをくわえた軍人が写真で載るのだが、ここまで歴史の授業が3学期に行われているのかも疑問である。

それを現実のこととして感じたのが、まさかうちの4年生女性プログラマが参加した「社内飲み会」だったことが衝撃である。彼女は割と優等生のほうだ。だからマッカーサーのことなど写真を見たら一発で語れたりする、と誰もがそう信じていた。

しかし、博学の彼女が語りだしたのがこうだ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「このパイプをくわえている人は、GHQさんですよね。名前がポール・マッカートニーさんです。」

 

 

 

 

 

 

HELP! I need somebody.HELP! not just anybody…