うちの中2プログラマが日本家屋の縁の下のことをかなりアバウトに理解していた事件

8月 7, 2015

縁の下。日本の家屋であれば昔はよくあった、床下、縁側の下のことである。

うちの中2プログラマは東北地方の出身でどうやら実家は一戸建てのようだ。だから縁の下なんて知っていて当然なのだが、彼女が理解していた縁の下の定義はこれほどアバウトなものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「縁の下は、つまり屋根の下のこと。」

 

 

 

 

 

 

わりと広い。縁の下の力持ちって・・・、大黒柱のことかな。