うちの4年生女性プログラマが貝類の王様に向かってとんでもない失礼な発言をした事件

7月 1, 2015

うちの4年生女性プログラマは意外と食通かと思っていたら、食べず嫌いな面があるようだ。

なんでも食べて健康でいるのが、体が資本のプログラマの義務だ。しかし、誰だって食べられないものはある。

とある先輩社員が、日頃から頑張っている彼女にご褒美として、かの高級食材「あわび」を食す会を催そうとした。驚いたことに、彼女はその「あわび」という生物を見たことがないという。

先輩社員はもっとも美しいであろう「あわび」の優雅な姿をスマホで見せるのだった。しかし、彼女はあろうことか、とんでもないことを貝類の王様に向かって言い放つのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え!?こんなキモイもの食べるんですか!?私ムリです~・・・」

 

 

 

 

 

キモイだなんて失礼な!

でもね、たしかに一理あるけど・・・おいしいんだよ、こういうのがさ。