某M自動車会社のゆとり世代社員がケンタッキーばかり食べてるからえらいことになった事件

9月 19, 2013

このレジェンドは、Mr.Y研究員(社外の方)からのタレコミです

 

知らないというのは、時に大きな問題を起こすことがある。

とあるゆとり世代社員は、接待のために高級中華料理店に来ていた。はずむ商談、次々と出される逸品料理たち。その場はとてもなごやかに、皆が成功を確信していた。

美しい女性店員が、自慢の北京ダックを見せる。そう、一度見せ、その後、調理されて改めて出される、これが北京ダックの醍醐味なのだ。

しばらく歓談していると、お待ちかねの北京ダックがその姿を変え現れた。朗らかに口にする一同だが、とある若手社員は、こともあろうに、北京ダックを食べながら何ともオリエンタルなワードを口走るのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「この生春巻き、おいしいですね。」

 

 

 

 

 

 

 

北京が・・・、ダックが・・・

すいません、美しい女性店員さん、調理しないで丸焼きで出してやってください。

 

Mr.Y研究員さま、タレコミありがとうございました!