うちの若手男性プログラマがワールドカップ出場で盛り上がる社内を騒然とさせた事件

6月 10, 2013

日本代表がワールドカップへの出場を決めて、日本中が沸き立つとき、

うちの若手男性プログラマが1つの疑問に直面していた。

日本が1つにまとまったかに見えたそのとき、

彼だけが、どうも腑に落ちない自分に、素直に喜べないでいたのだ。

 

それは、とあるメディアで、

「チェアマン」

という言葉が連呼されていたことから端を発する。

「チェアマン・・・?」

確認のため、彼は先輩社員に言ってはならないことを、スバッと言ってしまうのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「チェアマンって・・・椅子男のことですかね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歓喜の渦に沸き立つ社内が、一瞬にして凍りついた瞬間だった。