うちの若手プログラマが中国3千年の王道メニューを全く理解していない事件

1月 28, 2013

うちの若手プログラマは最近、

とあるプロジェクトでパートナー社員の方々を率いて、

チーム運営のスキルを伸ばそうと孤軍奮闘中である。

 

そんな中、とある美人パートナー社員に中華料理について、

とくに変わった風でもなく質問された。

 

若手:「あ”~、餃子食べて~な」

美人:「焼餃子と水餃子だったらどっち?」

 

こんなたわいもないコミュニケーションでなぜレジェンドが生まれるのか?

 

美人パートナーは期待していた。餃子の種類が返ってくると。

パリッとした焼餃子か!?

それとも、ジューシーな水餃子なのか!?

 

フィーリングが合うってとても大切だ。

二人の間に緊張が走る。

このときの返答がレジェンドになるとはだれも思わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どっちかといえば、ホイコーロー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい、そんなこと聞いてない!!

 

美人パートナーがキレた。

しかし、彼はまたもや余計な弁解をしてしまう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「小籠包(ショウロンポウ)っていいたかったんだよ!間違えただけじゃん!」

 

 

 

 

 

 

 

残念!それも聞いてない!!

焼餃子と水餃子の2択だからっ!