うちの新人女性プログラマも日本伝承の天気雨の俗称を握りつぶす事件

1月 15, 2013

うちの新人男性プログラマが、前回、

天気雨の現象を日本の伝承事として、狐の嫁入り、というのを知らなかった件は、

それだけでは終わらなかった。

 

どうやら、新人男性プログラマは、知らなかったことを不安に思ったらしい。

当然、同期入社の新人女性プログラマ、

数々の伝説を生む、まさに伝説クリエイターともいわれる彼女に、

勇気をもって聞くことは、彼自身の自我崩壊を防ぐ唯一の手段なのかもしれない。

 

もちろん、そんな風に思われていることなぞ知る由もない、

新人女性プログラマは、

「天気雨だ!これ狐のなんていうかしってる!?」と、新人男性プログラマが聞くのに対して、

あっさりと答えてみせるのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え?狐の行水!?それは違うよ、狐の号泣だよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うぅぅ・・・。

ホントに大丈夫だろうか・・・。これから。いろいろ。