うちの新人女性プログラマが知らなかった中一日というややこしい期間指定

10月 16, 2012

うちの新人女性プログラマは、

しっかりとした言葉づかいもできるし、

礼儀も正しく、

とくに、チャラチャラしている風ではなく、

どちらかというと、生真面目で純粋なタイプだ。

 

だから、巷で使われている一般的な言葉なんて言うのは、

普段から本人が使っていて当然のように見えてしまうのだが、

意外とびっくりすることを知らないことが多い。

 

配送指定などで、

「えっと、中一日いただきます」

といわれることがあると思うが、彼女はそれを知らなかった。

 

一体、いつ届くっていうんだ?

「なかいちにち・・・」

 

なんともややこしく、とてつもない時間がかかりそうなフレーズ。

「なか」っていつなんだっ!?

 

という経緯を、先輩社員に話した彼女は、

同情や同意を得たかったのだろう。

しかし、彼女にとって、ありえない返しが待っていたのだ。

 

先輩:「おまえ、中一日って意味、知らなかったのかよぉ~!(失笑)」

 

そんなバカな・・・。

わたしが少数派だとでもいうの!?ありえないわっ!

 

そんな思いでたまらなくなった彼女は、

社内が騒然とし、一瞬にして修羅場となる一言を、言い放ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「中一日なんて、社員の半分は知らないですよっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、魔女狩りの始まりだ。

 

社内で知らないヤツ探しが始まってしまった。

殺伐とする社内。

飛び交う罵声。

泣きじゃくる女子社員・・・。

 

結果として・・・

約1名、知らなかったヤツがいることが判明したのだが、

彼にとってはいい迷惑というより何物でもない。

 

しかし、これでまた貴重なレジェンドを生む逸材を

発掘することができた(ニンマリ)