うちの若手プログラマがDVの意味も勘違いしていた

4月 20, 2012

うちの若手プログラマの勘違いヒーローぶりには、

もうみなさんも、感嘆し得ないと思うが、

新たな歴史が刻まれたので紹介したい。

 

DVとは、「ドメスティックバイオレンス」のことで、

まあ、一言でいえば、「家庭内暴力」のことである。

 

彼はそれを知っていた。いや、わかっていた。心の中では。

どうもアパートの隣から、ただ事ではない、そのようなシーンととれる声が聞こえてきたというのだ。

 

彼はそれを皆に相談しないではいられなかった。

しかし、真剣な相談の裏に、相談の仕方が問題で、一気にその真相を疑いたくなるときがある。

 

 

 

「最近、隣から、ドメスティックな声が聞こえてくるんですよ~」

 

 

 

ドメスティックとは、「domestic」のことで、「家庭的な」であるが、

「家庭的な声が聞こえてくるから、何だってンだ?」と皆が思うのである。

 

聞けばかれは、DVのことを精一杯言いたかったのだ。どうせいうなら、バイオレンスの方を言いなさい。